経営戦略企画トップ へ 創業と経営革新を支援する
尾木会計事務所
事務所案内

 会計・税務・IT化支援を通じて
 企業の繁栄に貢献しています!

   TKC全国会会員税理士ITコーディネータです。

O&A
 メール

尾木会計事務所HP

 

 

 

 

 

 

 

 


  
   勝組の!経営戦略企画ソフト

           経営戦略企画
             Strategic Brain (ストラテジック・ブレイン)
             知的資産経営を企画し実践するためのソフ
   Q&A

 Q1.なぜ、このソフトを作ったのですか?
   A.経営戦略を企画し、バランス・スコアカード(BSC)を導入する中小企業が
     増えれば、
元気な会社が増える。
     そんな思いで開発しました。


 Q2.経営戦略企画を導入すれば、なぜ元気な会社が増えるのですか。

   A.立派な建物や機械、機器等の設備導入するだけで、業績は良くなりません。
     自信を持って開発した自慢の製品を商品化しただけでも、業績は向上しません。


     重要な成功要因は、もっと違ったところにあります。
     知的資産と呼ばれる無形の目に見えない資産を全社員で形成することが、
     業績向上の大きな要因になります。(知的資産経営)

     経営戦略企画は知的資産経営を始めるためのソフトです。 

 Q3.経営戦略を企画立案している企業は、少ないのですか?  
   A.経営戦略の理論を実務で応用するには、多くの学習
時間と創意工夫が
     必要です。
     日本企業では、
バランス・スコアカードの導入が進んでいませんでした。

 Q4.このようなソフトは、なかったのですか。  
   
A.経営戦略の展開で最も効果的と言われているバランス・スコアカードは、
      大企業でようやく導入が進みだしたところです。
     経営戦略企画」のようなソフトは、あまり出回っていないようです。


 Q5.経営計画のソフトは、あるのではないですか?
   
A.あります、私も利用していますが・・
                主に財務数値を取り扱うソフトです。

      経営者も社員も見ることができなかった経営戦略を、
     文章(数値も含む)や図表で可視化するソフトが、
     今回の
「経営戦略企画」です。

     経営計画に戦略を入魂するソフトと言えます。

 Q6.ワープロや表計算ソフトと違うのですか?
   
A.データベースの機能を使って経営戦略を企画し戦略を展開する
ソフトです。
     理論を実務に応用する方法が、先ず理解できます。
     戦略的発想を助け、組み立てる道具にしました。    

 Q7.難しそうですね?
   
A「解りやすく」を追求しました。
     でも、少しの努力は必要です。
     使い方の、「ヘルプ」も充実しています。
     是非体験して下さい。